人生の落伍家?!

11年半も勤めた会社に裏切られ出向、退社と相成り、退職金が底を尽き、転職活動は困難を極めました。

転職活動には、履歴書、証明写真、交通費と馬鹿にならず、切り詰めるのは結局食費。

光熱費は、夏は扇風機さえ1時間程度ずつで止めて、熱射病ギリギリまで我慢していました。

食事は、1日に1食か2食で、友人にごちそうしてもらっていました。

翌月の家賃が払えないという事態までいかない内に、仕事を決めることは出来ましたが、年金はまず払いない。失業者にも、保険料と年金は情け容赦なく、請求が来て、納付の猶予もしてもらえませんでした。

だから、私は未だに年金については、失業している時には絶対に払わないことにしています。

生活保護を29万ももらっている人もいるのに、おかしな話です。

結局、前の会社の直属の上司に、ひと月分の生活費を用立てて頂きました。

正直、その人が私を庇い切れずに、出向の引き金になったので、お金を出して下さったのだと思います。

数年が経ち、また失業してしまいましたが、同居人に生活費を負担してもらっています。

働きたくても、働けない。既に35の会社から不採用。しかも、役所は、税金が払えないというと、預金を差し押さえました。 期限が過ぎたら使えないような納付書を送りつけておきながら。

不正受給どころか、不正差し押さえです。

まさに、人生の落伍者です。それじゃ悲しいから、落伍家と笑うしかありません。

貧乏生活を乗り切るには、食費を切り詰めることと、異性の知り合いを持つことです。

今はとりあえずこのままではダメなので、バイトでもしようかと考えています。でも歳も歳なので、今更どんな仕事が出来るのか・・・。

知人には警備員のアルバイトを勧められていますが、いまいち気が乗りません。こんな我儘言っている場合ではないんですけどね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>